演劇部門生徒実行委員会

私たち演劇部門生徒実行委員会は総勢14名で、2年前から活動しています。
昨年は、さが総文の視察やプレ大会の運営を行い、全国大会に向けての準備を重ねて
きました。今年に入り、新型コロナウィルス感染の影響で活動できない期間もありましたが、
「こんなときだからこそ、前向きに!」とできることを考えてきました。
結果としては WEB SOUBUNという形での開催となりましたが、私たちが大好きな演劇を通し、
みなさんと高知を「繋ぐ」ことができればよいと思っています。

『みなさんとの間に虹が架かりますように!』


わかやま総文 演劇部門 生徒実行委員会より

 こんにちは。
 先日、高演協旗の引継を行いました。旗の引継を行ったことで、紀の国わかやま総文が1年後に迫っていることを、実感しています。今年の高知総文はWeb開催となり、直接みなさんにお会いすることができなくて残念です。しかし、高知県の演劇部門実行委員さんたちの熱い想いを、旗と共に受け取ったことには変わりありません。
 私たちは、みなさんと心のバトンを繋ぎ、紀の国わかやま総文演劇部門をよりよいものにできるよう頑張ります。

第45回全国高等学校総合文化祭 紀の国わかやま総文2021
演劇部門実行委員長 桐蔭高等学校 赤井咲月
生徒企画委員代表  桐蔭高等学校 増元 渚


2019さが総文視察

2019さが総文に参加して第一に思ったことは、全国高校演劇の迫力のすごさでした。自分たちとの差を感じて、圧倒されました。佐賀県のみなさんは、工夫を凝らして佐賀県ならではの総文祭をつくりあげていました。また、大会運営・裏方の大変さを感じると同時に、佐賀県のみなさんの楽しそうに取組む姿が印象的でした。高知の演劇部は少人数ですが効率よく運営ができるようにしっかりと計画をして、高知ならではの総文祭をつくりあげ、そして、仲間と全力で楽しみたいと思いました。
視察で仲間と過ごすことで、2020こうち総文に向けてさらに絆が深まり、団結できたよい時間でした。

佐賀県のみなさん、本当にありがとうございました。


2019
第44回全国高等学校総合文化祭演劇部門プレ大会
第44回四国地区高等学校演劇研究大会(高知大会)

プレ大会は、2020こうち総文で使用する予定の会場が改修中であったため、本番とは異なる会場での開催でした。佐賀視察での学びをいかして、受付、接待、会場、速報、メッセージボード、舞台、計時、記録、大道具、講評活動、生徒交流などの役割に取組みました。上演校のみなさんが舞台に集中できることと、円滑な会場運営を目指しました。プレ大会後の反省会では、良かった点はもちろんですが、多くの改善点や工夫したい点が出てきました。自分たちの成長を感じつつ、確実に近づいてくるこうち総文に向けて準備を重ねたいと思いました。


演劇の部門大会

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。