ごあいさつ

文部科学大臣 ごあいさつ

 この度の新型コロナウイルス感染症の影響を受け、本年の第44回全国高等学校総合文化祭は、初めてインターネットを活用した「WEB SOUBUN」として7月31日から10月31日までの3か月間にわたり開催することとなりました。

 高校生の皆様が高知県に一堂に会する形で開催できなくなったことは大変残念ですが、「拡げよう、魅せよう、繋げよう」という今大会の基本方針の下、これからの時代を担う皆様がインターネットを通して日頃の成果を大いに発表され、また同時に多くの仲間との新たな交流が生まれることを期待しています。

 今回の大会では、審査・評価ができなくなってしまった部門や「3つの密」を避けるため競技ができない部門もあります。皆様の中にはこれまでの活動の成果を競い合うことが難しくなったことで残念な思いや戸惑いを感じている方もいらっしゃるかもしれません。また、学校の休業によって部活動ができなかった方、学校が再開された後も思うように練習や活動ができなかった方も大勢いらっしゃると思います。

 新型コロナウイルスは私たちに大きな試練を与えていますが、今回の「WEB SOUBUN」に皆様が参加することを通じて、仲間とともにお互いに高め合うかけがえのない時間や文化芸術活動の素晴らしさを改めて認識し、今後ますます皆様の高校生活が充実したものとなることを願っております。また、今回の大会などを契機に皆様が未来の文化芸術の担い手として、御活躍されることを心から期待しています。

 結びに、新型コロナウイルス感染症対策で御多忙を極める中、初めてのインターネットでの開催に向けて格別の御尽力を頂きました公益社団法人全国高等学校文化連盟、高知県をはじめ、関係する多くの皆様に深く感謝申し上げます。

文部科学大臣 萩生田 光一


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。