吟詠剣詩舞部門

高知県

高知県吟詠剣詩舞合同チーム

高知県立岡豊高等学校、高知県立高知工業高等学校、高知県立高知西高等学校、高知県立中村高等学校、明徳義塾高等学校

団体紹介

高知県吟詠剣詩舞合同チームは、2020こうち総文のために昨年結成されました。これまで稽古を積んできた成果を発揮し、大好きな詩吟への思いと、これまで支えてくれた方への感謝の心を込めて精一杯吟じます。開催県としての気合いのこもった舞台を是非ご覧ください。

構成吟のテーマ

大切な人に贈りたい”感謝”(たいせつなひとにおくりたい”かんしゃ”)

演目紹介

どのような時代であっても、親は子を守り、育み、慈しんでくださいます。子もまた、そんな親を心から敬い、感謝の気持ちでいっぱいです。私たち高知県は、親と子の愛を吟じます。

独吟

常盤孤を抱くの図に題す

梁川星巌 作

詩文

雪(ゆき)は笠檐(りゅうえん)に灑(そそ)いで 風(かぜ)袂(たもと)を捲(ま)く
呱々(ここ)乳(ちち)を覓(もと)むるは 若為(いかん)の情(じょう)ぞ
他年(たねん)鉄枴(てっかい) 峰頭(ほうとう)の嶮(けん)
三軍(さんぐん)を叱咤(しった)するは 是(こ)れ此(こ)の声(こえ)

合吟

楠公子に訣るるの図に題す

頼山陽 作

詩文

海甸(かいでん)の陰風(いんぷう) 草木(そうもく)腥(なまぐさ)し
史編特筆(しへんとくひつ) 姓名(せいめい)馨(かんば)し
一腔(いっこう)の熱血(ねっけつ) 余瀝(よれき)を存(そん)し
児曹(じそう)に分与(ぶんよ)して 賊庭(ぞくてい)に灑(そそ)がしむ

朗詠

たわむれに

石川啄木 作

詩文

たはむれに母(はは)を背負(せお)いて
そのあまり軽(かろ)きに泣(な)きて
三歩(さんぽ)あゆまず
たはむれに母(はは)を背負(せお)いて
そのあまり軽(かろ)きに泣(な)きて
三歩(さんぽ)あゆまず

独吟

母を奉じて嵐山に遊ぶ

頼山陽 作

詩文

嵐山(らんざん)に到(いた)らざること 已(すで)に五年(ごねん)
万株(ばんしゅ)の花木(かぼく) 倍(ますます)鮮妍(せんけん)
最(もっと)も忻(よろこ)ぶ阿母(はは)と 衾枕(まくら)を同(とも)にし
連夜香雲(れんやこううん) 暖(あたた)かき処(ところ)に眠(ねむ)る

吟唱

十億の

暁烏敏 作

詩文

十億(じゅうおく)の人(ひと)に十億(じゅうおく)の母(はは)あるも     
わが母(はは)にまさる母(はは)あらめやも

吟唱

母を憶う

網谷一才 作

詩文

情愛(じょうあい)纏綿(てんめん)たり 母性(ぼせい)の真(まこと)
一生(いっしょう)の労苦(ろうく)に 其(そ)の身(み)を捧(そそ)ぐ
酬(むく)ゆ可(べ)し 存命(ぞんめい)平常(へいじょう)の裡(うち)
深厚(しんこう)なる慈恩(じおん)は仏神(ぶっしん)に勝(まさ)る


参加校 地域別一覧
部門トップへ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。