吟詠剣詩舞部門

和歌山県

和歌山県立向陽高等学校吟詠剣詩舞部

団体紹介

こんにちは。和歌山県立向陽高校吟詠剣詩舞部です。私たち3人は、吟詠剣詩舞を初めてまだ二年目ですが、吟詠剣詩舞の先生に教えて頂きながら、日々一生懸命練習しています。コロナウィルスによる休校もあって十分に練習できていないところもありますが、精一杯演じますので、ご覧ください。
また、来年の全国高等学校総合文化祭は和歌山県で開催されます。現在高校一年生の私たちも出演しますので、ぜひご来県ください。2021年、和歌山でお会いしましょう。

演目紹介

私たちは、最初に詩舞で富士山を演じます。富士山は日本のシンボルにして、神山、霊山として名高い富士山の威容を詠ったものです。続いて、来年皆さんとの再会を期して、和歌山に霊場高野山を開いた空海作、後夜仏法僧鳥を聞くを精一杯吟じます。

詩舞

富士山(ふじさん)

石川丈山(いしかわじょうざん) 作

詩文

仙客來(せんかくきた)り遊(あそ)ぶ 雲外(うんがい)の巓(いただき)
神龍棲(しんりゅうす)み老(お)ゆ洞中(どうちゅう)の淵(ふち)
雪(ゆき)は がん素(がんそ)の如(ごと)く煙(けむり)は柄(え)の如(ごと)し
白扇倒(はくせんさか)しまに懸(かか)る東海(とうかい)の天(てん)

※転句(第三句)…「がん」は「糸へんに丸」

合吟

後夜仏法僧鳥を聞く(ごやぶっぽうそうちょうをきく)

空海(くうかい) 作

詩文

閑林獨坐(かんりんどくざ)す草堂(そうどう)の暁(あかつき)
三寶(さんぽう)の聲(こえ)一鳥(いっちょう)に聞(き)く
一鳥聲有(いっちょうこえあ)り人心有(ひとこころあ)り
聲心雲水倶(せいしんうんすいとも)に了了(りょうりょう)


参加校 地域別一覧
部門トップへ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。