吟詠剣詩舞部門

岐阜県

岐阜県高等学校文化連盟吟詠剣詩舞専門部

岐阜県立大垣桜高等学校、岐阜県立大垣東高等学校、岐阜県立岐阜総合学園高等学校

団体紹介

岐阜県高等学校文化連盟、吟詠剣詩舞専門部です。岐阜県に部活動として発足して創部36年目となります。今年は岐阜総合学園高等学校、大垣桜高等学校、大垣東高等学校の3校にての参加です。こうち総文がWEB開催になりましたが、岐阜県教育文化財団のご協力を賜り、ぎふ清流文化プラザで披露することができることになりました。精一杯演じますので、どうぞよろしくお願いいたします。

構成吟のテーマ

百花繚乱(ひゃっかりょうらん)

演目紹介

「田原坂少年隊」(たばるざかしょうねんたい)「桶狭間を過ぐ」(桶狭間をすぐ)「若獅子の舞」(わかじしのまい)

剣舞

「田原坂少年隊」(たばるざかしょうねんたい)

浜 薫夫 作

詩文

衣(衣)はかんに至り袖腕(そでわん)に至る
腰間(ようかん)の秋水(しゅうすい)鉄を断つ可し

大西郷の 教えに生きて 大西郷の 為に死ぬ
思い逸(はや)れど 田原の道を 阻む(はばむ)は雨か 硝煙(しょうえん)か
踏み破れ我ら 我ら 少年隊

雨降り続き 人馬は倒る 雨降り続き 日は暮れる
右手(めて)に血力 左手(ゆんで)に手綱 唇(くちびる)噛(か)んで 泣くは誰(たれ)
散り散りの我ら 少年隊

覚悟はよいか たじろぐ勿れ(なかれ) 覚悟はよいか 武士の子ぞ
薩摩隼人(さつまはやと)を 忘れはせぬが 越すに越されぬ 田原坂(たばるざか)
花と散れ我ら 我ら 少年隊


※頭二行…頼山陽作「前兵児の(ぜんごへ)の謡(うた)」

剣舞

「桶狭間を過ぐ」(おけはざまをすぐ)

大田錦城(おおたきんじょう) 作

詩文

荒原(こうげん)古(いにしえ)を吊う(とむろう)古墳(こふん)の前
戦い(たたかい)克(か)って将驕る(しょうおごる)何ぞ全き(まったき)を得ん
怪風(かいふう)雨を吹いて昼晦(ひるやみ)の如し(ごと)
驚破(きょうは)す奇兵(きへい)天より降る(くだる)かと

剣詩舞

「若獅子の舞」(わかじしのまい)

横井弘(よこいひろし) 作

詩文

大海(おおうみ)の磯も とどろに よする浪(なみ)われて砕(くだ)けて 裂(さ)けて散るかも 

夜明けを告げる 鐘の音(ね)に
旗影勇(はたかげいさむ) 大手門(おおてもん)
天下を望む(のぞむ) 若獅子(わかじし)が 
出陣(かどで)を祝う 男舞(おとこまい)
かざす扇に 花あかり

朝風渡る(あさかぜわたる) 石垣に
清(すが)しくひびく 駒(こま)の声
盃(さかずき)乾(ほ)して 若獅子(わかじし)が
勝利を目指す 男舞(おとこまい)
胸に降る降る 花吹雪(はなふぶき)

※頭二行 源実朝 作(金塊和歌集より)  


参加校 地域別一覧
部門トップへ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。