郷土芸能部門

沖縄県

沖縄県立八重山高等学校

団体紹介

沖縄県立八重山高校は沖縄県八重山諸島石垣島にある日本の最南端の普通科高校で、「師弟同行」の校是のもと約700人の生徒が学んでいます。私達郷土芸能部は1964年に創部し、地域の伝統文化や先輩方の創意・工夫を受け継ぎながら、現在部員約40名で活動しています。地域の伝統行事への参加や福祉施設への訪問を通し、伝統文化の保存継承の一役を担えるよう日々練習に励んでいます。「心からの笑顔」を合言葉に、支えてくれる方々への感謝の気持ちを込めて、高校生らしい元気あふれる演舞を披露します。

演目紹介

数多の謡・踊りが古より伝わっている八重山諸島ですが、今回は竹富町黒島、保里村の民俗芸能より「タイラク」「笠おどり」「黒島口説」「コームッサー(くわ踊り)」を披露します。島の神々の前で踊られてきたこれらの踊りは、先人たちが大切に守ってきた大切な何かを私たちに教えてくれます。いつまでもこの自然や文化が続くように心を込めて踊ります。どうぞご覧ください。

今日が日ば 黄金日ば ~黒島保里村の芸能~
(きゅうがぴば くがにぴば くろしまほりむらのげいのう)


高知県実行委員会による学校紹介動画


参加校 地域別一覧
部門トップへ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。