郷土芸能部門

大分県

大分県立由布高等学校

大分県立由布高等学校

団体紹介

みなさんこんにちは、大分県立由布高校郷土芸能部です。由布高校は平成23年度より由布市内中学校3校との連携型中高一貫教育を本格的にスタートさせ,県内唯一の「観光コース」を設置しています。郷土芸能部は昭和51年に創部、同59年に学校内に郷土芸能保存館(神楽殿)が造られ、恵まれた環境の中で日々の練習に励み、福祉施設の訪問や地域のイベント、学校の神楽殿に地域の方を招いての公演など年間40回程度披露しています。

演目紹介

古事記・海神宮・日本書紀・海幸山幸を題材としたもので、瓊々杵尊の子の火須勢理命・火照命という兄弟神が使いの神(2柱の神)を連れ海神の助けで海神宮「貴見城」を訪れるという物語です。鬼の面をつけているのが兄弟神と使いの神で、同じ衣装を着て美剣をもっているのが海神です。庄内神楽がある大分県由布市でも人気のある演目で、テンポが速く激しい舞、そして太鼓のバチ捌きが見所です。

貴見城(きけんじょう)


高知県実行委員会による学校紹介動画


参加校 地域別一覧
部門トップへ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。