郷土芸能部門

高知県

明徳義塾高等学校

明徳義塾高等学校

団体紹介

緑の山に抱かれ広々とした堂ノ浦キャンパスと、太平洋を目の前に望む竜国際キャンパスとで成り立っている明徳義塾高等学校は、春の野に力強く、そして可憐に咲くタンポポのように清く、正しく、たくましく成長することを願って設立された学校です。国際コースを持つ本校は、1年を通じて留学生や海外からのお客様が多く来校されます。そういった方々に日本の伝統芸能である和太鼓の響きの素晴らしさを伝えるために、和太鼓部が発足され今年創部15年目を迎えました。地元、須崎市、土佐市を中心に年間約70回の演奏活動を行っています。

演目紹介

天保12年1月、地元宇佐港を出港した土佐藩出身の漁師ジョン万次郎を題材に作曲した『John-宇佐/USA-』。朝日さえもまだ目を覚ましていない寝静まった町。波の音だけが聞こえてくる。一隻の漁船が出港。順調そうにみえた航海だが、突然の強風で船は流されてしまう。数日間漂流して辿り着いた無人島『鳥島』。143日後、ホイットフィールド船長率いるアメリカの捕鯨船、ジョンハウランド号に助けられるのであった。

John-宇佐/USA- 出帆・鯨来


高知県実行委員会による学校紹介動画


参加校 地域別一覧
部門トップへ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。