郷土芸能部門

広島県

広島文教大学附属高等学校

広島文教大学附属高等学校

団体紹介

広島文教大学附属高等学校は,広島県広島市安佐北区の可部という町にある女子校です。私たち「文教太鼓 葵」は広島県内唯一の女子高校生だけの和太鼓団体として,今年度で創部27年目を迎えました。部訓を「和」~和をもって演技となし,和心なくして部にあらず~と定め,太鼓演技の上達のみならず,朝・昼・夕方の稽古やステージ活動を通して,部員自らが心の和を図るなど「心」の成長を目指して活動しています。文教太鼓は「バチ使いは,心遣いから学べ!」を合言葉として,“臨機応変”をモットーに地域・社会貢献活動に励んでいます。

演目紹介

「絆」
この演目は,私たちのオリジナルの演目で藤原康行先生に作曲していただいた演目です。部員の日々の活動から徐々に絆が結ばれていく様子を表現しています。先輩たちから受け継がれてきた演目を現在の部員でアレンジを加えて新たな絆として演技します。喜び合ったり,ぶつかったりを繰り返しながら,ひとつの目標に向けて心が重なっていく姿を想像してご覧いただけると嬉しいです。

「絆」(きずな)


高知県実行委員会による学校紹介動画


参加校 地域別一覧
部門トップへ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。