郷土芸能部門

福島県

福島県立相馬農業高等学校

福島県立相馬農業高等学校

団体紹介

 相馬農業高校の郷土芸能部は、「硬軟両面調和したる人間愛をつくるためには、武道、乗馬、郷土芸能などの趣味、娯楽を与えなければならない」との考えから運動会の余興として始りました。それ以来、校訓の「明朗闊達」にちなんで学校教育に郷土芸能が取り入れられました。「相農の大運動会」として当地方の名物行事の一つとなり今日に至っています。

演目紹介

 今を去ること二百三十年前、宝暦年間相馬藩は、精神的にも経済的にも衰微していました。時の藩主相馬尊胤は、これを建て直すため、各部落に神楽を作らせ、部落民を集めて信仰心を植え付け、団体訓練を行いました。鹿島町南柚木に伝わる御神楽で、郷土芸能の場を清めます。

御神楽(おかぐら)


高知県実行委員会による学校紹介動画


参加校 地域別一覧
部門トップへ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。