郷土芸能部門

北海道

北海道釧路江南高等学校

北海道釧路江南高等学校

団体紹介

北海道釧路江南高等学校蝦夷太鼓部です。釧路江南高校は、世界自然遺産の知床公園や釧路湿原・阿寒摩周両国立公園が広がる北海道の東部、釧路市にあります。「文武一道」を基本精神とした進学重視型の普通科単位制高校です。蝦夷太鼓部は、昭和42年に創部し、今年で52年目を迎えます。塚原鼓童先生の教えを胸に、練習に励むだけでなく、「礼節・品位・情熱」を心に刻み、「聴く人に感動を与え、自らも感動する」演奏を心掛け、日々稽古に精進しています。

演目紹介

今回演奏する『去来現北海の響』は、「時々刻々移ろい変化していく時の流れ、そしてそこに存在する全てのものもまた変転し、また消失していく。」そのような姿を、日本音楽の深みと味わいを持った独自の創作太鼓として、過去・現在・未来の織りなす森羅万象を和太鼓で表現した曲です。本部の曲を数多く作曲された塚原鼓童先生の作品です。どうぞご覧ください。

去来現北海の響(きょらいげん ほっかいのひびき)


高知県実行委員会による学校紹介動画


参加校 地域別一覧
部門トップへ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。